ビジネスマインド

一生サラリーマンで終わるのか?会社員として働いて終わる人生にしないためのコツについて

どうもこんにちは!夢ナビ!管理人のdashです!

先日僕はこんなツイートは発信しました↓

現在メール講座受講者が100名越えのブロガーのdashです。あなたは一生サラリーマンとして終わるのか?その決断僕はよした方がいいと思います。老後二千万円問題で年金も期待出来ないし会社の給料だけだときついので、副業でもいいので何か始めましょう!

 

貴方の記憶にも新しいかもしれませんが、

金融庁が老後年金だけでは20年後に2,000万円は不足すると発表した

老後2,000万円問題」によって「このまま一生貧なサラリマンとして終わるのか?」と不安に感じた方も多いかと思います。

 

実際に僕自身まだ20代前半ですけど、

すでに人生に不安を感じていますから(笑)

 

そんな危機的な事情もあり政府はiDeCoや積み立てNISA、そして2018年度から副業を全面的に認める方針になっていることはご存知かもしれません。

 

つまり政府としてみれば、

年金も、もうすぐ危機的状況だし、日本もさほど経済成長しないから自分で何とかしてね!

とさじを投げている状況なんですよね~。

 

なので今後は一生サラリーマンとして終わるのではなくて

自分自身の力で自分の人生を切り開いていくしか道は残されていません!

 

年金制度の崩壊やAIによってますます人間の仕事が奪われていく中でいったいどうすればいいのか?について詳しく解説していきたいと思います!

 

一生サラリーマンとして終わるのか?安定した会社に安定した会社に入社しても生活は安定しない理由

 

ここからは一生サラリーマンとして終わるリスクについて解説していきたいと思います。

 

確かにサラリーマンは会社から毎月生活出来るほどの給料はもらえるので

一生サラリーマンとして終わっても問題ない!

と感じる方もいるかもしれません。

 

でもね!よくよく考えてみてほしいのです。

いくら黒字経営の安定した会社に就職することが出来たとしても、あなたが安定した生活が送れるとは限りません。

 

たとえ経営が安定した会社でも安定した生活が送れない理由は3つ。

  • たとえ安定した会社に入社しても給料がなかなか上がらないリスク
  • 平日はほぼ会社で束縛されて時間的余裕がないリスク
  • たとえ安定した会社でもブラックな企業の場合心身ともに消耗するリスク

以上の三つの理由から僕はいくら安定した会社に入社したとしても、安定した生活を送ることが出来ないと断言します!

 

では早速解説していきますね!

たとえ安定した会社でも生活は安定しない理由1 給料がなかなか上がらないリスク

まず一つ目の理由が給料がなかなか上がらないリスクです。

 

上記の画像はサラリーマンの平均年収の推移を現したグラフになります。

このグラフを見て分かることは、平成9年度の457万円をピークに平均年収はどんどん右肩下がり。

 

そして平成27年度には407万円でピーク時の平均年収よりも56万円も下がっているのが今のサラリーマンの現実です。

 

このデータはあくまでもサラリーマンの平均の年収なので、

高い給料の企業ももちろんあります。

 

でも僕の考えとしては今後も平均年収の下落は続くと予想しています。

なぜならば今後AIの導入によって人がする仕事がどんどん奪われていくから。

 

まだAIは発展途上なので「今すぐに仕事がAIに置き換わる!」ことはないですが、

後10年もすれば経理系の仕事や給料の支払いなどは全てAIに置き換わり、AIを使いこなす側になることが出来なければ、AIよりもコストが高い人間はどんどんリストラされること間違いないです。

 

会社はあくまでも売り上げを出すことが第一優先なので、

利益にならない人材は真っ先にリストラされることは容易に想像出来ると思います。

 

もし仮にリストラされることがなかったとしても、給料を抑えられることは間違いありません。

実際問題、大手メガバンクでは決済システムなどの自動化が加速していて、

みずほフィナンシャルグループ(FG)は2026年までに1万9000人削減、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は2023年度までに6000人削減するという。おそらく他行が追随するのは必至だろう。

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2017/12/post_21604.html

といった感じでどんどん人材がリストラされているのが現状です。

 

銀行と言えば数年前までは入社できたら家族がこぞって

あのメガバンクに入社出来たの!これで定年までは安泰ね!」と言われ続けたメガバンクへの入社はいまや、

絶対に大手メガバンクに就職しちゃダメ!」と言われるほど大手メガバンクの安定神話が崩れました。

 

これはメガバンクだけではなく一般の企業でも同じことです。

 

つまり安定した会社に入社しても、安定どころか給料もなかなか上がららないリスクが潜んでいることをしっかり理解しておくべきです。

 

ポイント

たとえ安定した企業に入ったとしても今後のAIの導入などにより給料が上がらないリスクが高い

 

たとえ安定した会社でも生活は安定しない理由2 残業によってプライベートの時間が奪われる

二つ目の安定した会社に入社しても生活が安定しない理由として、

残業によってプライベートの時間が奪われることです

 

もしかしたら貴方は残業することは当然だと感じていませんか?

もしそう思っているのならばかなり危険な状況ですね。

 

確かに仕事が進まなくてやむを得ずに、

残業をしなければならないケースがあるかもしれまん。

 

でもね!残業をすることが当たり前だと感じていることが問題です。

 

僕が言いたいのは確かにサラリーマンならば会社の仕事をきちんとこなすことはサラリーマンの宿命です。でも自分の時間を犠牲にしてまで会社に貢献しなければならない!とは別問題なのです。

 

綺麗ごとだ!」と言われるかもしれませんが、僕たち人間は会社にすべとを捧げる為だけに生まれてきたわけじゃありませんよね?

 

僕たちサラリーマンの正当な権利である有給休暇の取得率ですが・・・。

日本の有給取得率は50%で二年連続でビリ

 

有給休暇はサラリーマンが休む権利である有給休暇が5割しか消化されていないのです。

つまり残りの半分の有給休暇は取得されずに失効されているって事。

 

このデータからいえることは、

日本のサラリーマンは行使できる権利を行使できない現状が今もなお続いている事実。

 

そして日本の労働時間をあらわしたグラフがこちら!

 

 

OECD(経済協力開発機構)の2017年労働時間調査では、

世界の労働時間平均は「1,759時間」です。

 

日本人の年間労働時間は1,710時間と世界の労働時間平均を下回っていますが、

実はこの数字には大きなからくりが存在します。

 

それが

サービス残業はこのデータには含まれていないってとです

 

そもそもサービス差残は会社からしてみれば絶対に表には出てはダメなデータです。

つまりこのサービス残業のデータが含まれていないので、

OECDの平均を本当に日本が下回っているのか?は正直怪しい所です。

 

僕の会社では幸いサービス残業は全くない会社なので問題ないのですが

おい!仕事残っているのか?じゃ今夜は残業だな!くれぐれも残業代の申請は出さないでくれよな!

というのが今もなお日本には根強く残っています。

 

俗に言うブラック企業ってやつです。

 

朝5時に社員を出社させて見習い講習としてサービス残業をさせたり、

一時間の謎の会社の教訓を言わされたりなどそんなブラック企業が残っていて、社員にサービス残業を強要しているから会社は黒字経営なんてことも現実にあるわけです。

 

サービス残業はどこの国でも同じじゃないの?

と思われたかもしれませんが、これは日本が異常なだけです

 

例えばドイツの場合、一日の仕事は10時間と定められていて、これに違反すると経営者のポケットマネーで最高1,500ユーロ(日本円で225万円)の罰金を支払うことになります

 

そしてドイツでは最低24日の有給休暇を取得しなければならないと法律で決められています。

マジでドイツ羨ましいっすね!

 

日本も有給休暇制度を見直されていますが、有給休暇を取得して最低5日は消費しないとダメという法律ですから、比べ物にならないほどドイツは休みが多いです。

 

日本にいると当たり前に思うことが、

実は当たり前ではないことが分かったと思います。

 

ポイント

会社が安定していてもサービス残業が多ければ生活は安定しない!

 

たとえ安定した会社でも生活は安定しない理由3 人間関係によるストレスで心身ともに消耗するリスク

最後の理由が人間関係によるストレスで心身ともに消耗するリスクです。

 

ストレスと言ってもいいストレスとダメなストレスです。

 

いいストレスとしては、仕事の期日が迫っていて、

よし頑張らないと!」と自分をプラス思考に導いてくれるストレスでしたら問題ないのですが

あぁもうだめだ・・会社行きたくない・・・」と自分をマイナス思考に追い込んでしまうストレスは悪でしかありません。

 

下記の画像をご覧ください。

総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥)は、20~59歳の正社員の男女400名を対象に、勤務先で感じるストレスについて調査を実施、結果を発表します。

上記の画像はストレスがあるかないか?調査したデータになりますが、実に10人に7人がストレスを抱えながら生きていることが分かると思います。

 

そのストレスの原因がこちらの画像。

ストレスの原因の実に4割が上司との人間関係。

 

僕も上司との人間関係には悩まされ続けましたね(笑)

 

僕は事務系の仕事をしていて仕事のやりがいがなく、

ブログをやっていることもあり広報室で働かせてくれと上司に相談してみたところ

そんなわがままサラリーマンでは通用しないぞ!」と一喝されてから、

上司とはあまり上手くいってないですね。

 

僕の場合。

のらりくらり仕事をしているのでさほど影響ないのですが、ストレスで一番怖いのは仕事が出来ない状況まで精神がボロボロになってしまうこと。

 

これが一番恐ろしいこですね。

 

ルンドベック・ジャパンが職場でのうつ病の影響調査をしましたがその結果が下記の画像。

 

このデータを見ると日本は10%とかなり下の順位にいるので安心してしまいがちですが、

10%というと10人に1にんが職場のストレスによってうつ病になってると考えると僕は、

かなりサラリーマンはうつ病になっているんだな」というのが僕の率直な感想です。

 

そもそも人間関係によって鬱になったらせっかくの人生がもったいなさすぎます。

 

なのでどんなに安定している会社に就職したとしても、人間関係でストレスを抱えて鬱になって仕事をすることが出来なくなってしまったら、安定した生活を送ることなんて出来ないのです。

 

ポイント

人間関係でストレスを抱え鬱になってしまったら生活を安定させることは出来ない。

 

ここで僕が伝えたいことはただ一つ。

 

このまま一生サラリーマンで終わるのか?

ってことです。

 

たとえ安定している会社に就職出来たとしても、

給料は年功序列制度でなかなか上がらず、毎日のサービス残業で会社に時間をどんどん奪われていき、人間関係のストレスで精神共にすり減らす毎日・・・・。

 

そんな中でもあなたは

生サラリーマンとして働き続けることが正解」だと思いますか?

 

もしも正解だと感じているのならば問題ないのですが、

多くのサラリーマンは「このままでは駄目だ!」と内心思っているはず。

 

老後2千万円問題で年金がもらえない不安。AIいよって仕事が奪われる恐怖。

 

そして経団連の会長が終身雇用制度はもう持たないと発表てますます現実化しているて年制度の崩壊。

 

そんな状況が目の前に来ていることが分かっていて

一生サラリーマンで終わるのが正解だ!

と胸を張って言える人は多分いないと思います。

 

じゃあ

一生サラリーマンで終わる人生にしないためにはどうすればいいのか?

その答えはただ一つ。

 

仕事をやりながらでも全然OKなので何か一つネットで稼ぐための活動をしてみる。これに尽きます。

 

これからの時代。スキルがない奴はどんどんリストラされてAIが仕事の中心になることは間違いありません。

なのでスキルが何もない人はどんどん会社から見放されていくのみ!

 

そんなサラリーマン生活で終わらないためには、会社で上司が言っていることをただ闇雲にやるだけではなくて、

この仕事をどうやって自分のビジネスに結びつけることが出来るのか?

ということを常に考えて仕事をするようにしてみてください。

 

そしてあなたが日々会社で体験していることをネットビジネスにどうやって生かしていけるか?

に結び付けていく感覚です。

 

現に僕のブログでは会社での出来事なんかを記事中に練りこんでみたりしていますからね(笑)

 

中には「ネットビジネスは詐欺だ!怪しいビジネスだ!」と思う人もいまだに多くいますがそれは間違い。

 

そもそも論。ネットビジネスが怪しいというのならばアマゾンや楽天、といった巨大企業もネットビジネスをしているわけで、もし「ネットビジネスは詐欺だ!」という理論が成立するのでしたら、すべての企業が詐欺をしているということになりかねません。

 

結局大事なのは、

どんな仕組みでネットビジネスは稼げるのか?

という仕組みをきちんと理解することです。

 

ネットビジネスは怪しいし詐欺だ!という誤解も解けてネットを利用して稼ぐことが出来るようになるはずです。

 

そしてもしあなたがこれからネットビジネスで稼いでいくのでしたら、

戦略をもって取り組むことが大事。

  • そもそも何を売ろうとしているのか?
  • 世の中で何を求めているのか?

と自分が売りたい商品の軸を決めることで、ブログの読者もあなたが発信する情報に興味を持ちファンになってくれます。

ネットビジネスは自分の売りたいものや自分の書きたいことを素直に発信していくことが出来るので、ハマればめちゃくたや楽しくなりますよ♪

 

そしてネットビジネスの魅力は

ネット環境とパソコンさえあればいつでもどこでも作業をすることができまること。

 

つまり毎日会社の通勤のように、まるでサンドイッチのような満員電車に乗らずに、

自宅でお茶を入れながら醤油せんべいを食べて、のんびり自分のペースで作業をすることだってできます。

 

このようにサラリーマンとして働き続けることに苦痛を感じている方こそ!

ぜひ一生サラリーマンとして終わらないためにもアフィリエイトで稼ぐスキルをこのブログを通して学んでほしいですね♬

 

一生サラリーマンとして終わるのか?まとめ

最後のまとめです!

 

今回のテーマは「あなたは一生サラリーマンで終わるのか?

というテーマで記事を書いてみました。

 

一生サラリーマンとして終わるリスクとして

  • 例え安定した会社に入社しても給料がなかなか上がらないリスク
  • 平日はほぼ会社で束縛されて時間的余裕がないリスク
  • たとえ安定した会社でもブラックな企業の場合心身ともに消耗するリスク

といった様々なリスクがあることを解説してきました。

 

やはりサラリーマンとして働き続ける中で、

一度や二度上記のようなリスクを抱える可能性は潜んでいます。

 

逆を言うとサラリーマン以外で収入を確保しておけば上記のようなリスクにもし遭遇してしまった場合でも、心の余裕や金銭的な余裕を保つことができます。

 

今や安定の就職先と言われていた銀行や、トヨタなどの大企業がどんどんリストラを推し進めていることを考えるとやはり、

会社に依存することなく自分で稼げるスキルを習得する

これに尽きます。

 

ちなみにですが、僕のメール講座では初心者の方でも月収10万円以上を稼ぐための方法や情報を無料で提供しています。

もしあなたがこれからネットを使って本格的に稼ぎたい!と健闘している方はぜひ!

僕のメール講座を受講してみてくださいね!

夢ナビ!管理人のdashでした。

 

dashの無料メール講座の登録はこちら!

僕の無料メール講座ではこれからネットビジネスで稼ぎたい方や、ネットビジネスを実践中だけどなかなか成果が出なくて困っている方に向けた情報を発信しています。

今では限定でネットビジネスで稼ぐために必要な軍資金を稼ぐマニュアルと、スカイプで僕と直接相談できる権利をプレゼントしています。ぜひこの機会に僕の無料メール講座に登録してみませんか?

 

登録はこちらから↓

 

  • この記事を書いた人

dash

dashです!とある会社で事務系として働く中で「このまま毎日単調作業で終わる人生は嫌だ!」と感じサラリーマンをしながら副業としてアフィリエイトを取りみ、「会社に縛られず自分らしくのんびりまったり生きる!」生活を掴むため、サラリーマンと副業の二刀流で奮闘中! プロフィール記事へ

-ビジネスマインド
-

Copyright© 夢ナビ! , 2020 All Rights Reserved.